サンプル画像

乗れたら凄い!バス利用

韓国への旅行初心者には、少し難しいだろうがバスはソウル市内をくまなく路線が張り巡らされ、複雑だが格安で住民の足として利用されている。車内アナウンスはハングル(韓国語)のみなので、もし語学勉強していたのであれば、己の語学力を試すチャンスでもある。乗り方は日本と同じで、降りる場所で降車ボタンを押す仕組み。

路線はざっくり分けると5つで、青い車体で市内の長距離を走る幹線バス【ブルーバス】、緑の車体で幹線バス(ブルーバス)や地下鉄との連結・乗換えに便利な支線バス【グリーンバス】、赤い車体で首都圏とソウル都心部を急行で走る広域バス【レッドバス】、黄色の車体でソウルの都心・副都心を走る市内循環するバス【イエローバス】、緑の車体でグリーンバスの中でも走行距離が短い低料金制の近距離循環バス【マウルバス】がある。

こちらのサイトでは、健康になるための成分などを紹介しています。

とりあえず乗ってみよう!

確かに初めてのソウルで、乗りこなすのは難しいが何度も観光に訪れ地下鉄もタクシーも利用した事があり、まだバスだけは乗る自身が無いと言う方に乗り方を紹介したい。

運賃は【マウルバス】600ウォン、【イエローバス】700ウォン【ブルー&グリーンバス】900ウォン、【レッドバス】1700ウォン。1.停留所…表示が無い場所もあるが、基本は日本と同じような形の屋根付きの停留所でベンチがある場所もある。また、停留所が、バスで混んでいる場合は、少し離れた場所で停まる事もあるので、そうなるとダッシュして乗る羽目になるので随時確認をして欲しい。2.乗車…前から乗車し、後ろから下車するのが基本で、乗ってすぐに運賃を支払う。5000・10000ウォンの使用が出来ないので1000ウォンと小銭が必須。3.降車…降車したい際には、ブザーを押しでから降りる。素早く降りないと、すぐに扉がしまるというシビアな部分がある為、要注意。もし、不安な場合は、降りたい停留所のハングルを書いたメモを乗車時に見せれば大丈夫である。