サンプル画像

これも便利!タクシーに乗る

料金が日本に比べ格段に安い韓国のタクシーは、いつでもどこでも24時間利用可能な移動の便利ツール。運賃料金としては地下鉄も確かに安いが、買い物を沢山して荷物が多い時や観光地をぶらり散策して、もう歩きたくないと思った時にはかなり重宝され、海外観光の強い味方となっている。ソウルのタクシーには二種類あり【黒タクシー(模範タクシー)】【銀タクシー(一般タクシー)】があり、それぞれ特徴がある。

黒タクシーと銀タクシーの違い

黒タクシーは、その名の通り車体が黒くホテルなどで待機している模範的なタクシーで日本語や英語が通じ、多くの観光客を乗せている経験が多い為に観光地への道も詳しい。初乗りで4500ウォンするので割高に感じるが言葉に自信が無い場合やホテルを出てすぐに、手っ取り早く使いたい時には便利。銀タクシーは、車体が主にシルバー、つまり銀色で色んな場所で待機している。日本語が通じる事はあまりない。初乗りは1900ウォンと、模範である黒タクシーに比べてかなり安いが道が詳しくない事もある、一般的に知名度があるような所に行く場合は、地名を書いた紙を見せれば通じる。

また、日本語が出来るタクシーの運転手は気さくに話かけてくる事が多く、自分の友人の店や親・親戚の店を紹介するなどと話を持ちかけて来ることも多く、しつこい場合もある。興味がなければ、ハッキリと断る事を心がけて欲しい。

ローズに関する健康情報をここで入手